Please reload

最新記事

トイレトレーニング着々と!

2018/07/13

 梅雨入りしたと思ったら、あっという間に梅雨が明けて、毎日暑い日が続いていますね。スクールでは、暑さに負けず、子どもたちがお仕事を頑張っています。

 まずは、インファントクラスのお仕事から、ご紹介です。1.5~3歳までの、インファントクラスの分野は、「日常生活の練習」「言語」「音楽」「芸術」の4分野ですが、その「芸術」分野の中でも、最近絵筆を使って絵を描くお仕事をよく出しています。

  こちらは、1歳4か月のお子さま。インファントクラスに、1歳の頃から、通っておられるので、4カ月で随分色々なことが出来るようになってきました!「字を書く」為には、手首のコントロールが不可欠ですので、インファントクラスでは、楽しみながら手首や腕を使う動きができるお仕事を、お出ししています。

 年下の子は、年上のお友達のお仕事を見て、また、年上の子は、年下のお友達を助け、お互いが助け合ったり、学び合ったりできるのが、モンテッソーリ教育の縦割りクラスの良いところです。

 続いては、「色水注ぎ」のお仕事から。

  今年度も、昨年と同様「基本を大切に」という目標を、インファント、プライマリー両方のクラスで掲げていました。「色水注ぎ」のお仕事で、ピッチャーをしっかり持って、中身がこぼれないように、もう一つのピッチャーに色水を注ぎます。運動の調整機能と指先の機能発達を目的としています。

 

 続いて、プライマリークラスのお仕事のご紹介です。言語の「絵合わせカード」のお仕事から。平仮名がついているカードが上段にあり、下段に絵だけのカードを順番に置いていきます。次に、ひらがなカードを絵に合わせて、置いていきます。平仮名の読みがまだはっきりとしないお子様は、絵と文字の形を頼りに、文字を認識していきます。

 

  こちらのお子さまがやっておられるのは、「鳥」の絵合わせカード。対応する本には、「つばさ」「お」などそれぞれの部分の説明もあり、子どもが身近な生物に関心を持てるようになっています。

 

 モンテッソーリの代表的教具「着衣枠」の「蝶結び」。 

  年少さんの女の子は、蝶結びがもう少しで出来るところで、繰り返し練習しています。着衣枠を練習した後、左のプレゼントに見立てた正方形の紙に、蝶結びをして「ママに見せる~」と持ち帰られました。

 

 夏本番を迎え、トイレトレーニングをされるご家庭が増えています。以前のブログでトイレトレーニングの進め方は書かせて頂いたのですが、「排泄」がお子さまの身体的、精神的自立に大きく関わっているのを痛感しています。

 

 先日も、トイレトレーニングをご家庭でされている2歳半のお子さまのお母様が、パンツにしても、トイレの時間になると、オムツを自分から出してしまうと悩んでおられました。

 スクールで拝見していても、トイレの時間になると、便座に座るも、なかなか出ず、オムツを履くと要求する、ということが続いていました。

 教師陣で話し合い、思い切って、今日は要求されても、オムツは出さないようにしよう、と決めました。11時が過ぎ、12時が過ぎ、お昼を食べ、何度もトイレと教室を往復し…座るものの、不安な気持ちがあり、なかなか排泄ができない状況でした。これ以上は、お子さまの健康に差し障るので、オムツにしようか…と悩んでいた時、「もう我慢できない」とお子さまが思ったのでしょうか、便座に座ると、本当に恐る恐る、「ちょろちょろ」とおしっこが…。教師と子どもで、飛び上がって喜んでしまいました!自分でも余程嬉しかったのか、「ちっち、ちっち」と満面の笑みで喜んでいました。

 

 2歳過ぎになってくると、子どもも、オムツで排泄をするということに慣れてしまい、便座に座るのが怖くなったり、パンツを頑なに拒否したりするようになります。特に最近のオムツは、吸水性も良く、快適なので、オムツが習慣化したお子さまの認識を変えるのは、月齢が上がるほど難しいです。

 私たちモンテッソーリ教育では、「Toileting」は人間として自然の流れですので、「トレーニング」という言葉は厳密には使わないのですが、トレーニングは、親と子の絆を確かめ合う機会なのかな、と感じています。ちょっともぞもぞしているから、トイレかな、と親がちょっとした子どもの変化に気づいて、声掛けしたり、見守ったり、昔でしたら、当たり前にしていた親子のやり取りが、文明の進化によって、少しずつ失われているように思います。

 

 スクールでは、ご家庭と協力して、少しずつ紙パンツから、布パンツにしていくよう、誘導しています。洗濯物もよく乾く夏だからこそ、ぜひトイレトレーニングに取り組んでみてはいかがでしょうか?

 

 サマースクールもお陰様でほぼ満席となり、インファント&プライマリークラスも後お一人、お二人お引き受けできるか…という状況です。お申込の際は、メールにてご連絡頂ければ幸いです。

 夏になり、親御様にはいつも過分なお心遣いを頂き、有難うございます。1学期も後もう少し、気を引き締めて頑張っていきます!

 

 

 

 

 

 

 

Please reload

ソーシャルメディア

タグから検索