検索
  • Yu Hirai

さよなら&はじめましての季節

最終更新: 2019年12月9日


 新年度になり、新しいお友達がスクールにもやってきて、賑やかな日々を過ごしています。スクールでは、今年度の目標として、前年度と同様「基本に忠実に」ピッチャー、トレイの持ち方、椅子の座り方、しまい方など、ひとつひとつの基本動作を丁寧に行えるよう、指導していきたいと思います。また、「言葉できちんと伝えられるよう」、インファントクラスの時から、何かお願いするとき、赤ちゃん言葉ではなく、「〇〇取ってください」「〇〇して下さい」など、自分の気持ちを言葉で伝えられるよう、繰り返しお伝えしていきたいと思います。

 さて、遅くなりましたが、前年度のお仕事からご紹介です!まずは、「インファントクラス」から。「ひな祭り」のお仕事で、紙皿で「お内裏様とお雛様の起き上がりこぼし」を作りました。和紙をちぎって、着物を貼っていきます。どうしても、お子さまは、人差し指、親指を使ってちぎるのが難しく、力任せにしてしまうので、短冊に切込みをいれると良いです。

 写真のお子さまは、指を使って、とても上手にちぎっていました。

 前学期で余ったちぎり紙を使って、今学期は桜のちぎり絵も完成しました。2歳半~3歳ぐらいのお子さまに人気で、皆それぞれが少しずつ画用紙に貼って、大きな花びらを完成させました!

 「プライマリークラス」では、平日限定で、スクールを卒業されるお子さまが、ご自分のお母様、お父様にお茶を点てるお仕事をしました。

 二人一組で、一人がお茶を点てている間、もう一人がお茶菓子をお母様におすすめします。

 事前に手順を練習していたのですが、子どもたちがお母様の前でとても緊張しながらも、一生懸命で、なんだか胸がじーんとしてしまいました。

 最後には、記念撮影も。

 静かな心豊かな時間が流れ、私自身も癒されました。

 「インファントクラス」から「プライマリークラス」に移られたお子さまも、少しずつクラスに馴染んできました。

 ピンセットで「あけ移し」のお仕事。インファントクラスでは、トングで練習していましたが、少しずつ難易度の高い道具を使うようになっています。

 「子どもの日」も近いので、鯉のぼりで「のり貼り」のお仕事も。目をシールでつけて、とても丁寧にのりをつけていました。

 4月は、賑やかな反面、卒業したお子さまはどうされているのだろう、お元気かしら?と複雑な気持ちです。スクールを卒業されても、いつでもお顔を見せにいらして下さいね!


0回の閲覧