top of page

ご質問★ 同世代のお友達と関わりがありますか?

 2024年が明け、スクールでは三学期がスタートしています。インターナショナルコースでは、すっかり子どもたちも先生に慣れてきました。


 新学期がスタートし、ご体験のご予約もインファント、プライマリークラスとも少しずつ増えてきています。その中で、インファントクラスでよく頂くご質問についていくつか、お答えできればと思います。


 まず一つ目のご質問が、「同世代のお友達と関わりがありますか?」というご質問です。モンテッソーリ教育では、基本的には、それぞれがやりたいお仕事を思う存分するという個別活動がほとんどですので、親御さんがクラスをご見学され、このような環境で、社会性や協調性が身につくのかと不安になられるのだと思います。


 確かに、子ども達は、各々それぞれで活動していますが、お友達のやっているお仕事はよく見ていますし、年下の子どもが年上の子どもをお手本に、また年上の子どもが年下の子どもを助けることで、思いやりや協調性が自然と出てきます。幼稚園入園前の3歳前後になると、子ども達は、自然とお友達のお名前を覚え、お弁当の時間にお友達とお話したり、「〇〇君、今日来てる?」とお友達のことが気になってくるようです。


 二つ目は、「うちの子は落ち着きがないのですが、落ち着いてお仕事が出来るようになりますか?」というご質問です。ご体験で、子ども達が自分のお仕事に黙々と取り組んでいる姿を見て、「こんな風に、自分の子どもが集中してお仕事が出来るようになるのかしら?」と不安になる方が多いようです。


 子どもの月齢や成長度合いにもよりますが、最初は教室でのルールが分からず、興味のある教具を全部机に並べてしまったり、お友達のお仕事に手を出してしまう子どもも、だいたい1、2カ月ぐらいすると、自分の興味のあるお仕事を机に持ってきて、片づけるということが少しずつ出来るようになってきます。ですので、お父様、お母様は、安心して教師にお任せ頂ければと思います。


 最後に、年末に撮った土曜日プライマリークラスのお写真です。4月から幼稚園の女の子が、「ピンクタワー」のお仕事をしていました。3歳になって、インファントクラスからプライマリークラスに進級しましたが、積極的にお仕事に取り組んでいます。


 

 年少の男の子の「トンカチ」のお仕事です。「トンカチ」で色々な形を作れるようになってきました。最近は、「穴あけパンチ」のお仕事に熱中していて、穴にぴったりにあけられるようになり、手と目の協応性がついてきました。


 

 2月に節分があるので、季節のお仕事も準備しています。新学期に向けて、徐々にお問合せが増える時期ですので、ご体験をご希望の場合は、お早めにご連絡頂ければと思います。

閲覧数:28回0件のコメント
bottom of page